IMG_9393
最近色々と手が回らず更新できてませんでしたが、こんばんは。
気分的にはまだ10月くらいなんですが、2016年、今年も終わっちゃうみたいです。
そこで(まだ夏の記事書き終わってませんが)2016年をいい感じに締めたいということで、バイクの仕様変更をご紹介。

IMG_3784
IMG_3788
IMG_3785
IMG_3787
                                                                     (Photos by Ganma)

主な変更点としては

1.社外レーシングバックミラー
2.社外製シングルシートカウル(以前マルボロ仕様で使っていたもの)
3.右サイドカウルのデザインの変更
4.テールカウルの交換およびデザインの変更
5.ウィンカー内蔵LEDウィンカー(現在は別体ウィンカーと併用)
6.フロントウィンカーの増設(ラムエアダクト部)
7.アンダーカウルの交換、デザイン変更
8.ヘッドライトロー側のフィルム施工
9.サイドCBRロゴの形状変更(2016~)
10.リアブレーキのオイルカップを社外製のものに変更(純正の物が腐食してしまった為)

という感じでしょうか。

ということでまずフロント周りから見ていきましょう。
IMG_2743
まずはレーシングバックミラー。本当は以前こけて折ったウィンカー一体型の現代SS風ミラーをつけたかったんですが、安かったのでこれにしてみました。細部を見るとやはり安物という感じでしたが、そこに目を瞑れば、視認性や角度の自由度や鏡面の色、そしてレーシーなフォルムも満足に値するものでした。

IMG_2756
次にヘッドライト。昨年も片目だけ青にしてましたが、車検時に剥がしてしまいました。なので今年もやってみるかということで新しく購入してみたら昨年のよりも綺麗で濃い青に。その為か夜間ライトの光が純正バルブとフィルムの色が相成ってエメラルドグリーンのような幻想的な色に。これは大変満足でした。

IMG_2997
そしてウィンカー。社外のキャットアイはスタイリッシュでスッキリした外観が得られるものの、視認性が悪いというのが欠点でした。昼間なんかウィンカーに気付いてもらえないことも多く、反対側のお店に入ろうとしてもなかなか止まってもらえなかったので増設することに。そこでどの位置に増設するか検討に検討を重ね、結果ラムエアダクトの入り口に収めると、思った以上に形を崩さずスタイリッシュに仕上げることができました。かなり気に入ってる部分です。もし何か言われてもカウルに手を突っ込んで配線外せばすぐにキャンセルできるようにもしてあります。

次はリア周りを見てみましょう。
IMG_2759
度重なるロンツーにおけるシートバッグの使用で、シートカウルがどんどんヤレていたので、スペアを導入することに。以前マルボロ仕様の時に使っていたものを再利用しました。EditionGTの文字を取り払い、シンプルに600RRを貼る、だけで終わらそうと思ってたのですが、600の部分になんとなくCBRのロゴを重ねてみたら意外といい感じだったのでこれで完成って感じです。悪くないですね。

IMG_2992
一年近くそこら辺にほったらかしていたマルボロ仕様のシートカウルもラッピングを全部剥がし再利用。車でいうリアウィンドウ部にステッカーを貼る感じで適当に貼ってみましたが、ここだけはあんまり納得行かないまま。新年明けたらまたデザインし直しかな。
ちなみにもともとレプソル色だったのでカーボンシートを貼るとREPSOLの文字や模様が浮き上がってしまっていたのですが紙やすりで削って、なんとか浮き上がってもそこまで目立たないレベルにしました。といってもこの画像でもよく見ると浮き上がってるのが見えてるんですけどね(笑)。

そしてサイドです。
IMG_4655
それまで"GT SPORT"に出てくるセーフティーカーの装いを真似た"GT SPORT Safety Bike"なるものを貼ってましたが、Honda Racing+レッドストライプに落ち着きました。

7CVIMuQg
ただPlyastationやPolyphony、GTロゴは残してます。また注目すべきは赤い部分だけではなくアッパーサイド部のCBRです。これは納車当日からずっと残してきた部分でした。

JK6CAFne
それを今回、ホンダが新しくデザインしたCBRロゴと同じものにしました。これは新しいCBR400Rや噂の新型250RR、そして1000RRから導入された新世代CBRのロゴです。従来のものに比べると十数度の傾斜がついています。納車時から1年5ヶ月、3万km近くに渡り変わらず共にしてきた物を剥がす時はちょっと躊躇いましたが、リファインすることに。結果いい感じになったかなと。
またアンダーカウルも新しくしました。といってもヤフオクで100円で落とした、転倒傷のある純正カウルをカーボンシートで整えたものです(笑)。ですが表面的にはそんな傷があるのもまったくわからないレベルに仕上がりました。今回はPolyphony、無限、KEIHINに加えENKEIをチョイス。クルマではホイールで有名なENKEI、実はバイクの純正ホイールも製造していたりするんですが、バイクにENKEIを貼っている人は少ないので区別化できていいかなと思い、製作してみました。結構映えてるのでお気に入りです。

最後にテール回りです。
IMG_3816
純正ウィンカーが野暮ったかったので、社外ウィンカー内蔵LEDテールを導入してみました。リア回りがすっきりしていいですね。まぁ色々あって撮影時以外は社外の別体ウィンカー使用してます。またリアのフルード交換してもらった時に、カップのネジが腐食してダメになっていたので、社外の丸形カップに変更しました。

IMG_4229
今回の変更点は大体こんな感じです。もともとグランツーリスモシリーズに登場するゲームオリジナルのワークスマシン的なもの(LMレースカーシリーズとかRMとか)に憧れてたので、自分でもオリジナルの架空ワークスマシンレプリカみたいな物を作り上げるのが夢だったんですが、まぁまぁ上手くいったんじゃないかなって感じです。
といっても左がニュル、右がHondaRacingでアシンメトリな出来上がりですが(笑)左も張り替えて統一しようとは思ったんですが納車時から変わらない部分も残しておきたいという変な拘りからこんな感じに。

IMG_3907
まぁここまで色々変更点あったんですが、カウル各部のヤレ具合や諸事情でこのカウル一式今シーズンで引退することになりました。来年の初めからはこれに近い新たなデザインになりそうです。しかし時間が作れるか微妙なのでお披露目できるのがいつになるやら…(笑)という感じです。

さて今年もこのバイクと色々なことをしてきました。

4Z5Muj9X
 春はステッカーの模様替えを何回もして満足。したはずが、この写真を撮った10時間後に

 IMG_4850
8の字やって転んだり。まぁ転びましたが今までとは違ったバイクの楽しみ方に気付けました。

DSC01243
夏は最後の一人旅を楽しみました。色々な悩みを忘れて一人で旅をするのは人生に潤いみたいなの与えてくれる気がしますね。バイクは自由です。

秋は地元のロクダボ乗りの方と福島に遠征。
IMG_3007
PC37(前期)、PC37後期、そしてPC40後期。ここに40前・中がいたら完璧でしたね。

IMG_3009
1.8ダボ。見た目はどんどん変わっていきましたがロクダボはカタチの全てに意味があり、全てが完成され、全てが機能美に溢れてます。正しく最高のバイク。

IMG_3008
ちなみに福島ライダーの方々はみなさんいい人ばかりで初対面なのに全くそんなことを感じさせないくらい積極的で、陽気な方々でした。

IMG_3019
そんな福島ライダーの中の一人の方に撮っていただいた写真。
OtNfuadf
さすがその道の方といいますか、もはや芸術ですね。

emRFce36
                                                                        (Photos by Sato)
 
9UL5fXk_
あとバイク仲間とカートやったりもしました。グランツーリスモでG27使ってドリフトしてたので、そこで培った技術が意外と活きたり…したはず。

そして今年も行ってきましたmotoGP。ヤング割最後の年だったので行かないわけにいきません。
thumb (1)
目の前をマルケスが走ってるのが信じられませんでした。そして目の前でオーバーテイクして優勝を決めたのも感動でしたね。

IMG_1782
今回はバイクではなくクルマで来たのでパレードランには参加できず…。

thumb
しかし数千台のバイクが走る姿は圧巻でした。

IMG_1933
GP決勝終了後、コレクションホール裏にて行われた宮城光氏による歴代GPマシンの解説。

IMG_1938
宮城氏の話と、実際にマシンのエンジンを始動させた時のサウンドで思わず感動してしまいました。

IMG_1943
もう数十年も前のバイクなのに今でもきちんとエンジンをかけて走行できる、よくよく考えると奇跡のような話ですね。

IMG_1936
決勝レースと同じくらい楽しいものでした。

ちなみにMotoGPへ行くということで車も少々気合を入れてみました。
IMG_1463
初の車への施工。

IMG_1486
バイクと違って範囲が格段に違うのでかかる労力も資材の量も違いますね。しかしバイクに活かせるものは確かにありました。

IMG_1499
これ貼ってると走行中、後ろにバイクが付いてきたりして面白いです。

IMG_1699
いろは清滝側にて。

IMG_1700
明知平レストハウスにて。

IMG_1701

このサイズの車だといろはの上りもかなり楽しいですね。もちろんパワーはそんなにありませんがカートに似た、車体を操ることの基本的な楽しさを体感できます。

IMG_1702

戦場ヶ原にて。

VT9-6uSe
                                                                                (Photo by L)
冬の頭には寒い中、地元からCBR250R→1000RRに乗り換えた知り合いの方が来てくださいました。雪の中の往復500km大変お疲れ様でした。やはりSC59後期はカッコいいですね。個人的に1000RRはロクダボルーツの57後期と、新型が出た今でもそれを凌駕する程洗練されたデザインのSC59後期が好きですね。
 
そして先週、独り身には辛いクリスマスがありましたが、毎年恒例のクリスマスツーリングも敢行。
IMG_5009
 仙台の光のページェントの下で子どもからお年寄りまでたくさんの人たちが手を振り返してくれました。

IMG_5103
 今回はサンタ帽が売り切れだったのでサンタ服+トナカイの耳で走行。

IMG_5105
        (Including the above and the following Photos by Ikumi)

IMG_5106
 途中で有名なR1乗りのモトブロガーさんとも一緒に撮影できました。R1が3台で並んで走行しているのは、ビジュアル的にもサウンド的にも正に圧巻。3台並べば単純にロクダボ5台分の排気量ですからね。普通車と比べても全く遜色ない…。

IMG_5008
IMG_5007
IMG_5006
IMG_4995
今回は珍しく5台中3台がセンターアップ。(600RR、P型6R、Megali250R)。というかカワサキが3台(P型6R,R型6R,Ninja250)にホンダとメガリという組み合わせ。
独り身には辛いはずのクリスマスですが、手を振り返してくれる人々や他にもお会いしたたくさんのバイク乗りの方々のお陰でとても楽しいクリスマスになりました。

IMG_4013
ということで色々あった一年間でしたが、無事に5万kmを迎えることができました。MC41は丸2年で27800km走ったのに対して、ロクダボは1年5カ月で27000kmに達するところです。時間的に言えばMC41の方が長い時間を過ごしているので変な感覚ですが、ロクダボと走った距離もMC41と同じくらいになって結構長いもんですね。

DSC01248
そんな長い距離を走ったからか、今年もたくさんのバイク乗りやクルマ乗りの方々と知り合うことができました。そして色々な方々にバイクを綺麗に撮っていただけて大変嬉しかったです。また、あんまり更新できてませんが、ここを見てくださってる方にも大変感謝です。来年も細々と更新していけたらなと思います。

それでは、よいお年を。