人生最後(?)の夏をレポート漬けの日々で過ごしていた2016年8月。
中旬になってやっと帰れた地元で、まず行ったのがアシメミラーの交換。前使っていたウィンカーミラーと同じものを買ったはずが、角度がついていたためにウサギの耳みたいになってしまいました。
thumb0KAVJE8Z
買ってしまったものはしょうがないので我慢。

8月15日 幼馴染2人とツーリングをするため東京へ。
thumb
thumb1HH6Q2GN

thumbOEAN2S1E
東京で合流! 春先に元MC41乗りの幼馴染と共にバイク屋に行って決めたニンジャ250。やはりカッコいいですね!

thumbYK7FP3CT
お昼は国分寺のパナスにてナンを注文。めっちゃデカいです

thumbOBBXU80X
そしてお台場海浜公園に到着。

thumbJ5JVMHFC
二年前にはぷっちさんとMC41を並べました。そのぷっちさん、なんと今では現行600RR乗りです。

thumbF5IRW5Q8


thumb6VVB1TRN
その後大江戸温泉物語へ行くと駐輪場には綺麗な黒の現行600RRが。国内ではこのモデルをもって販売終了みたいですね。

thumb02WCPCTT
カツ丼もなかなか美味。

thumbCSWKUBZ7
大江戸温泉物語はいつもエバグリ行くときに見るなくらいの認識でしたが、ここただの温泉じゃないんですね・・・。施設の充実さにビックリしました。そして料金の支払い方式がズルい・・・まるでクレカのようで気づいたらとんでもない額に・・・(笑)

無題
夜中ちゃんとエバグリにも寄りました。終了条件達成です(笑)

wefwfe
結局この日帰ってきたのは夜中の3時過ぎ。久々に一緒に行けたツーリングは最高でした!

thumbCUZ70ZT3
8月16日、昼頃起床し、友人と別れた私は一人西へ向かいました。プチ日本一周をする夏ツースタートです。

thumb932MSUJO
道志を通り、山中湖を経由して富士から1号へ。お馴染みのルートです。

thumb72CVZO4U
八王子あたりで前を走っていたセローをどうし道あたりで止まっていたところを抜かし、この山中湖湖畔のセブンでトイレ休憩してる際に抜かれ、1号静岡付近でまた遭遇という面白いドラマもありました。

去年通った時も思いましたが、夕焼けをバックにした国道1号下り・汐見坂あたりの景色が正に絶景で、アクションカムが欲しくて堪らなくなりました。しかしこの景色を再び見れるとはこの時思う由もありませんでした。

23号筆柿の里の出口で地元ナンバーのNinja250に前を譲り、それからはオートクルーズで刈谷まで。ロンツーしてる時って前の車やバイクに無意識に付いて行っていつの間にか目的地着いてることありますよね。私は人間オートクルーズって呼んでます(笑)

thumb1J6T23SE
そして着きました刈谷ハイウェイオアシス。去年もここに来たのを覚えています。夜は観覧車がキレイで見惚れるんですが、この時は夜7時。温泉施設のかきつばたの湯の閉店時間も迫っていたので、観覧車も早々に温泉でゆったりと休憩。ロンツー後の温泉って最高に気持ちいいんですよね。その後はバイク乗る気なくなります(笑)

thumbUTFZ4CJV
ちなみにこれが去年刈谷へ来た際の写真。懐かしのミラー、懐かしのヘルメット・・・。

温泉から出た後、ネカフェに泊まるかどこかにテントを張るか悩みバイクの傍でスマホを弄ってました。この近くにテントを張れるようなところはなく、去年は名古屋の方のネカフェに泊まったのですが、走るのめんどくさい、と思っていたところに仕事でこの施設へ来てるというナイスなおじさまに話しかけられました。

なんでもCB1300に乗っているらしく、その後1時間ほどバイク談義に花を咲かせました。そして寝るところに困っている私に「奥に野外イベント用の大型テントがあるのでそこで寝るのはどうか」とのこと。

thumbLZN2NAC9
下は芝生。これは寝れる!

その大型テントを見て帰ってくると、1人増えてました。なんでもここの従業員さんらしく、仲のいいおじさまがバイクで旅をしている私の話題を出したら食いついたようです(笑)

おじさんは仕事に戻り、従業員さんのすすめで今流行りの某GOで遊んでいると、話の流れで次の日名古屋を案内してもらえることに。その上ふざけて「午後はさわやかでも行きますか」と振ったところ行こうとのお答えが。この時はさすがは名古屋人!ノリがいい。冗談だと思ってました。

thumb5GL97URJ
その日私はテントを張ることなくテントの下で就寝。この時某モンスター捕まえる系アプリで夜中でも人が大勢いたので、その中に紛れて特に注意されることもありませんでした。ありがとう、任天堂。

thumb3UMXKB7R
次の日の早朝。東北の方は大雨で大変だったようですが、愛知は清々しい晴れっぷり。いつもならバイクに乗る準備をするところですがこの日は車!ライジャケも着ません。
正直初対面の方と車の中で話が続かず気まずい雰囲気になるのは嫌だったのですが、さすが名古屋といいますか、明るい方で車(というか車でドライブすること)が好きだったのでそんなことはなく、むしろ盛り上がりました。名古屋まで来るとほぼ関西弁ということもこの時初めて知りました。

特に愛知の運転マナーの話で盛り上がりましたが、従業員さん曰く「やられる前にやらんとあかん」とのことでなかなかエキサイティングな運転をしておりました(笑)

thumbPN4FMVBT
そんなこんなで大須へと到着。従業員さんの知り合いの方も合流し、私の希望もあって大須を観光。

thumb4F6JKZMQ
大須観音から始まり、から揚げやらかき氷などを食べ歩き、最後に「ソロピッツァ・ナポレターナ・チェザリ」でピザをいただき、知り合いの方とはここでお別れ。食べ物の写真をもっと撮っておくべきでした(笑)

そして午後。
従業員さん「さわやか行くにはちょっと早いねーどっか観光する?」
私「マジで行くんですかさわやか(笑)」
従「当たり前じゃん(笑)」
私「片道100km以上あるんですけど」
従「大丈夫大丈夫!」
私「マジですか(笑)じゃあとりあえず名古屋城とか見てみたいです」

という流れで行き先は名古屋城に決定。

名古屋市内を走っていて気付いたのが、仙台に似てるのではないかということ。中心部の街並みや雰囲気が局地的にではありますが仙台と似ている気がしました。更に車の動き方のフリーダムさ(笑)も仙台と似ていると思いました。
これが噂の名古屋走り!という感じでしたが、マナーの点では仙台と大差はない気がしました。名古屋は赤信号でも4,5台は平気で突っ走るけど、道は割と譲ってくれる、仙台は赤信号だったら1,2台突っ走るけどあまり譲ってくれない、という感じです。(あくまでも個人の感想です)
どっちにしろバイクだと割と怖いです(笑)

thumbQ56B9COW
そして人生初の名古屋城。なんと従業員さんも人生初だったようです(笑) 確かに地元の観光地ってなかなか行かないもんですよね。私も日光東照宮とか学校の行事で行ったのが最初で最後ですし。

thumbCYVNBP87
立派な金の鯱。何年か前には本物が屋根から降ろされ触れたとか。
高校の修学旅行で大阪城行った際にも思ったことですが、日本の城って中身はエレベーターとかあって割と近代的ですよね。それまでは時代劇でよく見るような畳張りの部屋が続いているものだと思ってました。バイクで例えるならインジェクションで電子制御てんこ盛りのカフェレーサーみたいな感じでしょうか。違うか。

夕方には23号を経て1号を使い静岡へ。一番近いさわやかの場所が景色のいい汐見坂の近くだったことを思い出し、一度降りてから下り方面へ乗ったもののガスが濃かった為に完全には見れずじまい・・・でもやはり綺麗。
分かる人は分かると思うんですが男鹿半島の寒風山から見る景色とちょっと似てるんですよね。弧を描いた日本列島の曲線を上空から見るようなあの感覚、なかなか壮観です。

thumb0IHUVYJS
そしてさわやか新居湖西店へ到着したもののやはり1時間半待ち。その間近くの海へ行くことに。もう7時も過ぎて暗かったですが今シーズン初の海。感動です。めっちゃ暗いですが(笑)

thumbYVR6G391
ミラーに映る弁天島の鳥居。広島のものをイメージして作られたとか。

お店に戻ると5分もしないうちに席に通されるとすぐにげんこつを注文。従業員さんは初のさわやか、というか初の静岡だったようです。
thumbJBPJG8YY
そして来ましたげんこつ。宇都宮発祥の爆弾ハンバーグも目の前で切り分けてくれますが、やはり元祖のさわやかには勝てませんね。迫力も味も。
thumbES9S1G4F
thumb9DMMPOTS
一年ぶりのげんこつ、最高に美味でした。
地域一番を目指しているため静岡以外に進出しないさわやか側の意向、そのお陰でめったに食べられない地方民は、織姫と彦星のごとく1年に1回くらいしか会えないのです。短冊にさわやかの関東進出を書きまくりたいところです。

従「この後どうする?」
私「普通に愛知帰りますかね」
従「白川郷行かない?」
私「えっ今からですか(笑)明日仕事なんじゃ」
従「大丈夫だって。時間あるんなら行こう」
私「じゃあお願いします(笑)」

この会話をしたのが夜の10時近く。ここから一旦愛知まで戻るのに100km。そこから白川郷まで200km超。しかも翌日は午後から仕事。ドライブ好きで度々2~3日オールして仕事したりするとは聞いていたものの、どんだけタフなんだこの人、と思わざるを得ませんでした(笑)

確かに夜の23号は流れもよくあっという間に愛知へ。そこから12時半過ぎに岐阜へと出発。本当にヤバかったら運転交代するからと言って私はいつの間にか寝落ちしたり起きたり。本当は助手席の私が話しかけて眠気への負担を減らさないといけないのに情けないばかり。

thumbLMZ0G0BE
そして気付くと5時前、道の駅白川郷に到着し、夜明けを待って展望台へと移動。

thumbLP0N8ZTG
夜明けの雲がかかった白川郷はなんとも神秘的です。

thumb55LONAFF
thumbDDTX0J1M
thumbA76DY040
隅にはカッコいいFD2が。

thumb (9)
ちなみに去年はここで岡山から日本二周目をしていたイケメンお兄さんと会いました。バイクもCB125Tという渋いバイク。125のツインとか魅力的ですよね。一回乗ってみたいところです。

thumbHVV531I8
7時から温泉が開店していたので温泉で一息。白川郷を流れる川や山々を見渡せる露天風呂は最高でした。

thumbLL3TS3IE

thumbBIF4LJMV

thumbRNKRLU74

thumbV1V1FK4J

thumb06P22FXK

thumb66KQLWWL
朝方の白川郷は初めてでしたが、人が少なく静かでいいですね。

従業員さんは午後から仕事のため8時前には出発。今度は私が運転する番です。免許取ってからほぼMTしか乗っておらず所有してるのもMTだった為、AT特有の踏み間違えが怖かったですが、乗ると本当に楽ですねATは。普段バイク乗ってると車なんて座ってるだけで動いてスゲェって思ってましたがATとか本当に踏むか踏まないかって感じで楽すぎて怖くなるほど。
それに白川郷を離れて10分ほどで警報レベルの大雨に遭い、「バイクだったら悲惨なのに車快適すぎるでしょ」と、バイクに乗ってるのが悲しくなるほど。特にズブ濡れになりながら対向車線を走るバイクを見ると余計そう感じてしまいました。季節関係なくバイク乗ってる時に雨は嫌ですよね。真冬の雨とかもう死にたくなります。

アクセルのメリハリが大きい従業員さんに対して、燃費走行には定評のある(?)私。燃費計の数字を少し伸ばしてお昼ごろには刈谷へと到着。

仕事へ行く従業員さんに対して、かきつばたの湯で温泉に入り、リクライニングシートで甲子園を見てた私。なんかごめんなさい。この時ちょうど作新が準決勝進出だかなんだかしてましたが、まさか優勝するとは思いませんでした。おめでとう、作新。

thumbAFN1GD75
そして夜になり私は今回の旅で一回目の洗濯。

thumbJ0PBR0EA
その間隣接する「エバグリ」というスーパーで軽い夕食。スーパーの名前にちょっと奇跡を感じます。

夜十時ごろ仕事が終わった従業員さんと合流。ドンキやココイチに寄って今度は四日市へと出発。名古屋と三重って名四使うとすぐなんですね。

thumbX3Q1IMHJ
日付も変わって8月19日、四日市の霞ヶ浦埠頭やセントレア空港に寄ったあと知多半島は羽豆岬へ。なんで海来るたびに暗いんだろう(笑) 山海海水浴場で適当に遊んだ後車の中で就寝。

thumbZ1A7ZL64
気づくと朝8時。やっと今シーズン初の明るい海が見られました(笑)。

thumb1LCLK2W3
この日も仕事という従業員さんに感謝の意味をこめて刈谷まで私が運転。ハイウェイオアシスで味噌カツを食べた後感謝の言葉と共にお別れしました。

thumbQB8N74KI
終わってみると予想以上に名古屋(と岐阜)を満喫してました。この地に不慣れな私一人だったらこんなに楽しむことは出来なかっただろうと思います。振り返ると8月17日に出発してから約830kmをかけて愛知、三重、岐阜、静岡の東海四県を制覇。そのうち半分以上を従業員さんに運転してもらいました。仕事もあるのに本当にありがとうございました。
ということで3日目までの東海編終了です。

あれ、バイク全然乗ってなくね?