今年も夏がやってきました。その夏の中でも7月14日は私にとって特別な日でもあります。
そう、CBRを納車した日です。納車が'13年。今年はもう'15年。
長かったようであっという間に過ぎていった二年間でした。
ということでこの二年間を振り返ってみたいと思います。(かなり長いですが)

思い返せば二年前、大学入学と同時に四輪二輪の教習を始めました。元々車好きだったので、大学に上がったら我が家に存在する車購入補助金制度(要は親の金レーシング)を使って中古のCR-ZやEK9やDC2やAP1、そして2代目フィットRSのどれかを狙っていたのですが、大学が車通学禁止ということでバイクの免許も取りはじめたのでした。しかしバイク屋で見たMC41に一目惚れしてからは四輪そっちのけで二輪教習を行う毎日で、時が経つのもあっという間でした。(といっても納車の1週間前は毎日がとても長く感じましたがw)
正直私の大学は色々な面から見て嫌いですが、車通学禁止にしてくれたお陰でバイクに出会えたのでそこだけは感謝してます。

高校まで貯めていた貯金のほとんどは免許代に消えてしまったので親に半分ほどお金を出してもらい私の元に来たのがこのCBR。
BPIyVD4CcAAJqtO
走行距離は出荷時のテストラン2kmを含めわずか70km。ほぼ新車の状態で納車されました。なんでも前オーナーの女性が一回立ちゴケして手放してしまったのだとか。

そして納車してから二週間ほどで、実家に帰るため初の高速を走りました。最初は大きな国道でもビビってたので走れるか心配でしたが、いざ走ると楽しくてしょうがなかった記憶があります。まぁ当初は乗ってるだけで楽しかったのですがw

夏休みは雨が降ろうがほぼ毎日のようにCBRで走り回りました。時には高校の友人が地元から原チャリでアパートに帰るというので、神奈川まで先導していったこともありました。原チャリのペースに合わせつつ4号や246を走るのは乗りたての私にはかなり大変でした。いや今やっても絶対大変ですwもうやらないと思いますw

そしてマフラーをWR'sに変えて音の変化に感動したり、地元をバイクで走ることで見えてくる新しい風景に感動したり…
と、こんな感じで夏休みの間に5000km近く走ったのですが、去年HDD壊してしまって写真がわずかしか残っておりません。本当は載せたいものがたくさんあったのですが…。

そして夏は終わり10月、色々な意味で大きな転機がやってきました。その当時はスピードに対してあまり恐怖感を持ってなかったので先導してくれる人がいれば攻める方でした。そんな中速い先輩の後ろを走っていた時、コーナーで突っ込みすぎブレーキが遅れ焦った私はFブレーキをガッツリ→バランスを崩し転倒。私は腕の擦り傷程度で済みましたがバイクはそのまま滑っていきガードレールに挟まってしまいました。(ガードレールの下の隙間とMC41の幅が面白いほどにピッタリでスポっとハマりました。)
その瞬間、目の前の現実に理解がついてこず、ただただ笑うばかりでした。人間が大きなショック受けると笑ってしまうことを知った瞬間でもあります。

なんとか自走はできたものの、ハンドルは曲がってセンターがずれ、カウルはボロボロ。ハンドルなどの修理をして、ヤフオクで落としたカウルを付けてこんなカウルの組み合わせになりました。
DSC_0049
右側は13トリコカウルでアッパーとサイド後方カウルは自分で黒に塗った、なんともちぐはぐな状態です。

この事故後から極度のスピード恐怖症になりました。事故直後は運転してるだけで事故の瞬間がフラッシュバックするくらいで完璧にトラウマになってました。
しかしこの事故がなければあの後調子に乗ってもっと酷い事故を起こしていたかもしれませんし、「速く走る」から「愛車を傷つけずにゆっくり長く乗る」という考え方に変わることができたお陰でロンツーが大好きになり視野を広げて色々なところに行くようになりました。

そしてカウルを交換したのと同時にホイールも13黒に交換。このころから個性を欲するようになりました。とにかく他人と違うCBRにして目立ちたい、見た目だけでも速そうにしたい。所謂雰囲気組というやつです。そしてバイクを一目見ただけで私と分かる強烈なアイコンに仕立てることを目標としました。


その後CBRとの初の冬を迎えます。
20150705_011031
20150705_011054
雪でも構わずバイト先にこいつ通勤したりアホなこともしてました。一時期アイスバーンの上でバーンナウトさせるのにハマって1kmも走ってないのにガス欠になりかけたりとか今思えばどんだけアホなのかとw

そして本格的に積もって乗れない時期は走れない鬱憤とチグハグな外装のことで非常に悶々としておりました。なのでヤフオクを見ながら改造計画を練り実行に移しました。
まずはカウルを変えること。
20150705_005328
カウルの脱着ごときで工賃とられるのも癪だったのでヤフオクでサービスマニュアルも買って自分でバラしてみたものの、このバイクはまるで「いじるな」とでも言っているように構造が複雑で立体パズルのよう。そしてネジやボルトやピンが物凄く多い。もう二度とフロント周りはバラしたくないと思わされました。新型では改善(?)されたのか、コストダウンの為か構造がかなりシンプルになりましたね。

20150705_005350
フロントカウルを一式黒にしたのと同時にスクリーンも黒に変更。新型だとスクリーン交換なんてすぐ終わるでしょうがこの型は違います。本当に設計者呪ってます。

20150705_005414

20150705_005447
ここだけ見ると無限カラーに見えますね。

20150705_005551

20150705_005535
寒い室外では脱着組立作業を。温かい室内ではカウルのステッカー作業を。

20150705_005604
そして完成。というわけでもありません。この頃旬さんのブログを見て自分を二眼にしてみたいと思うようになってました。しかしレース用カウルに穴を空ける技術もなく、開けてくれるような伝手もなく。それに踏襲しただけではアイデンティティがない。そして考え抜いた結果がこちら。

20150705_005636
20150705_005647
20150705_005657
塗装です。しかしご覧のとおりあまりうまくは行かず・・・。当時Twitter上でパンツを全面スモークにしてる方がいたので同じようにスモークスプレー使って二眼にすればいいんじゃない?と思いつきやってみましたが、一発勝負な上に、その一発勝負に負けるという有様。しかもその全面スモークが実は塗装じゃなくてプラスチックのカバーだと知るのはずいぶん後のこと。
これどう始末つけようか。スプレーも割と高かったし(2000円)この黒のスモークを剥がすリムーバーも高い(2000円)から買うのもなんだし・・・。なら隠してしまおうか。そこで活躍したのがサイド後方カウルに貼る為に買ったカーボンシートでした。これなら失敗しても貼り直せばいい。とても都合のいい素材でした。
そしてステッカー貼る際のテクニックやらを研究し、霧吹きやドライヤーを駆使して最初に完成したのがこちら。
20150705_005735
記念すべきバージョン1の最初の顔です。自分の中ではこれなかなかいいんじゃないだろうか、と納得。しかしもっといいのができるんじゃないかと試行錯誤。
20150705_005754
こんなのも作ったり(あんまり変わってない)。この時だけで試作品を10パターンほど試した記憶があります。

で最終的にこんな感じに。
20150705_005816

95b3678b
15042cb3
なかなか気に入っていたデザインでした。このようにしてカッティングシート二眼が生まれたのです。(カッティング二眼は他にもやってた人はいるかもしれませんが)

20150705_010016
20150705_010035
友人たちに弄ばれるCBR君。
20150705_010058
宇都宮インパのバイクセブンにて。このショット気にっております。

20150705_010440
20150705_010545
バクステも入れゼッケンも貼り出してこの頃から自分のマシンのコンセプトが少しずつ明確になってきました。それがレーサールックスツアラー。今思い直してもなんだこの造語感丸出しの中途半端なコンセプトはって感じですねw外見はレーシーに、でも荷物はたくさん積んで長距離を走りまくるというバイクというより私のバイク観みたいなものですね。
バクステ入れてる時点でツアラーから正反対な方向に行ってる気もしますがMC41レベルのバクステ(TTS上後全上げ)だと慣れると一日500km程度走ってもそんなに疲れません。やはりハンドルの高さが楽さに繋がってるかと。
あと写真に写ってるミラーとマフラーとバクステとシートバッグ、実は全部譲り受けたものです。各一つ1万円という超格安料金で譲っていただきました。どの車体から流用したのかは写真を見ていただければ分かるかと。


20150705_010607
20150705_010627
去年GWの親友との初ツーリング。幼小中高と一緒の親友とまさか同じバイクに乗ってツーリングできるとは思いませんでした。今年は叶いませんでしたが。
20150705_010651
前書いたかもしれませんがこの頃ナンバーが大変なことになってました。不恰好にも程がありますね…。

20150705_010737
「履いてない」現象ならぬ「付いてない」現象。もちろんちゃんと付いてます。
まあこのバイクで裏ペタは似合わないのはご覧の通り…。


20150705_010720
そしてGWも終わると顔面変えたい欲が出てきて変えました。自分ではバージョン2といっている顔面です。センターピラーを細めにして光量を確保というタイプのやつですが、完成直後からあまり気に入ってませんでした。
そんな中、とんでもない物が到着。
20150705_010753
出ました。テルミです。ぷっちさんのブログを見た影響で衝動買いしてしまったものです。当初Webikeで注文したところ納期2ヶ月とかいうふざけた答えを出してきたのでヤフオクで落としました。音はもう本当にうるさいですが聞きなれるとうるさく感じなくなるし(病気)今でもこの形は大好きです。大好きでした。
20150705_010818
ノーマル→WR's→ヨシムラときて四本目となるのですが、振り返ると一番うるさいこいつを装着していた時期が一番長かったです。ノーマルは3週間、WR'sは約半年、ヨシムラは1ヶ月、テルミはなんと1年1ヶ月。でもこのマフラーのお蔭でマフラーに対する価値観がかなり変わりました。後述するロクダボも原因ではありますが、一昔前のリッター・メガスポーツのようなデカくて太い、スイングアームを隠してしまうようなサイレンサーはあまり好みじゃなくなってしまいました。
つまりSC59センダボみたいなダウンショートや57センダボやロクダボのようなセンターアップが好みになったのです。このテルミはフロントから見た時のショート感・59センダボのようなアンダーカウルから直接出てるような感じがたまらなくカッコいいのです。
まぁ後に潰れますが…

20150705_011203
この頃から近所のアパートに住む同じ大学の先輩にお世話になりはじめます。毎日のように夕方から夜中に集まって駄弁ったりバイクいじったりしてました。間近で見てたのでロクダボにはかなり惹かれました。試乗させてもらったらなおのこと欲しくなりました。またこの先輩には色々な面で多くのことを学ばせていただいたので感謝しかありません。

そして学んだ結果がこちら。
DSC_1373
20150705_011255
見事イカ釣り漁船化。よく言えばストリート系カスタム。電飾の技術も教わったので一気にカスタムの幅が広がりました。しかし影響を受けた中でも一番大きかったものはやはりステッカー製作技術でしょうか。

20150705_023859
私以外にブレーキフルード光らせてたMC41っているんでしょうか?いないよね??(無理矢理)

20150705_010837
関係ないですがこのアングルかなり好きです。

そうこうしてるうちに大学二回目の夏がやってきます。
タナックスのキャンピングシートバッグも購入し、レーサールックスツアラー()の本領発揮です。
DSC_1711
DSC_1712
この夏はこれまでの人生の中で最も刺激的な夏だったかもしれません。一日に3、400kmのツーリング、初の東海進出、初のオフ会、初のキャンプツー、何から何まで楽しすぎました。走行距離も30日もかからず5000kmを大きく超えるほどに。Twitterの方々と会えたのもかなり楽しむことができました。
DSC_1942
DSC_1924
DSC_1920
今は亡きノワール号。安らかに。
DSC_1967
DSC_1992
DSC_0180
DSC_0267
DSC_0270

あっというまに楽しい夏も過ぎて9月。



特になにもありませんでした(笑)

そして10月。前年に続きMC41オーナー年に一回のオフ会が旬さんによって開かれました。
私もステッカー類を夏のものとは刷新。シンプルにしながらも見た人の印象に残る物を目指しました。
DSC_0499
DSC_0504
この日海老名で宿を取りましたが、歩いてる時変なハイラックスサーフに轢き殺されそうになった挙句追いかけられて改めて神奈川の怖さを実感。友人の付き添いで神奈川行った時から薄々感じてたことではありましたが。(江ノ島は特に凄い気が)

そしてオフ会。
DSC_0537
DSC_0538
DSC_0544
今見ても壮観ですね。この年は14モデルが発表された年なので新旧入り混じっての大賑わいなオフでした。
今年も参加したいです。

オフも終わり11月。また顔面を変えました。
DSC_2081
DSC_2079
所謂バージョン3というやつです。正面から見ると分かりますがSC59後期のヘッドライトのラインをモチーフにしています。個人的にはこの形が完成系だと思っています。これ以上のデザインはもう思いつかないです。俺の中では後期二眼よりもカッコいいと勝手に思ってます。(まぁ工業製品として完成されてるものと個人の低コストカスタムを比べてもどうしようもないですけどね…。)
DSC_2083
その代わり光量はなかなかあくどいものでした。なんだかんだ夜も走ってましたがwちなみにシートの面積が多く透ける光が強調されていた為バージョン3からはシートが2枚重ね、あるいは3枚重ねで構成されています。その為施工する時の手間がとても面倒でした。

DSC_0005
DSC_0007
11月は住処を変えることで疲れ切った日々でした。

12月は完全にオフシーズンに入っていますが通学ガチ勢は多少の雪ではひるみません。

といってるそばから授業終わったら
DSC_0114
この有様で大人しくバイク置いて地下鉄で帰ったことも…。

しかし12月はイベント月間。こんなもんでは終わりません。
そうですキリスト生誕祭、クリスマスです。そこで我々ミッションスクールのバイク乗りたちはキリストの誕生を祝うべく、バイクで街を外旋しました。決して生誕祭に付け込んでバカ騒ぎしたかったとかじゃありません。
1419258608951
1419258611549
1419258634330
1419258638700
1419258641709
1419258644159
1419258768024
1419258773081
DSC_0107
DSC_0134
DSC_0133
バイク各所に散りばめられた装飾からキリストへの尊敬の念が滲み出てますね(??)

1月1日。元旦。
ガキ使の余韻もさめぬまま、年が始まって1時間ほどで出かけることになりました。実家から東京へコペンを走らせること2時間。
B6M9FcMCcAATmnh
エバグリに到着。ほどなくしてあのM氏も到着。今年は元旦、年が始まってからわずか数時間でTwitter関係の人と出会う最速記録を更新。
B6NXDfHCYAIg7Sd
B6NqJU_CcAEkzIq
寒かったので車の中で談笑。集まった目的はというと初日の出。Twitter上でも何人かのMC41クラスタさんたちが千葉やら静岡やらで集まったりソロだったりで初日の出を観に行っていました。
しかし私たちの集まったエバグリからは見えない模様。そこでバイクを置いて車で暁埠頭(だっけ?)に移動することに。
しかし結局曇りであんまり見えず…。各地の方々見えなかった方が多かったようです。
B6N-aSlCYAEPnuG
(画像が小さくて申し訳ありません。新年始まって早々スマホがぶっ壊れて画像消えたのでTwitterからサムネだけ拾ってきました。)

この後帰ることになるのですが、ガキ使見てた為に普通に徹夜だったので帰りの4号での睡魔がヤバかったです。
年末年始はコペン運転しまくっててバイクしてなかった代わりにツインリンクもてぎでカートで遊んできました。カートって滑らせて走るもの(だと勝手に解釈してます)なのでグランツーリスモのドリフトで培ったカウンター技術が活きて集団内トップタイムを叩き出す好調ぷりでした。

2月はテストも終わりCBRを点検に出したら雪降ってきたしヒョースンだわで全く外に出ず、1週間引きこもって某白いアルバムのゲームやってました。雪の季節になるとやりたくなるゲームですね。
そしてCBRが帰ってきたと同時に早速カスタム。
DSC_0022
もともと単眼だったバイクを二眼にした上に片側の色を変えるという発想は自画自賛したくなるくらいいいアイデアだと思ってて結構気に入ってます。あとよくイタ車みたいな顔だねとも言われます。言われてみれば確かにそんな気もするようなしないような…。
DSC_0040
これでも地味に光量も改善されてます。

長いのでPart2へ。