こんばんは。このブログもずいぶんほっといてたんですがほっといた間も毎日誰かしらは
見てくださってたんですね。有難い限りです。ありがとうございます。

さて今回は、前回「くだらないカスタムを近日公開」と宣言した通り、物凄くくだらない
カスタムを公開します。
用意するものはこちら

まずは水筒。キャプテンスタッグ製。まさかこんな形でまたもキャプテンスタッグ
の商品にお世話になるとは思いませんでした。青いのが重要です。Amazonで602円。
ちなみに左の塗装が剥げた空き缶はファンタメロン(後述)。
DSC_0048

次は吊りバンドとタケノコとボルト。バンドとタケノコはいずれも水道用部品です。
ちなみに吊りバンドは170円、タケノコは360円、ボルトは28円。
DSC_0049

さてこんな、何のつながりもなさそうなアイテムたちですが、どうなるのでしょうか。
まずはタケノコをボルトに装着。なんかそれっぽくなってきました。
DSC_0050

続いてステッカーとフェイクパイピングとしてPOSHのメッキタイプのコルゲートチューブ。701円。
これでもう何がしたいか分かりましたね。
そう、NOSです。
DSC_0051

NOS%20Blue%20Bottle%2010lb
Nitrous Oxide System、通称NOS。映画『ワイルドスピード』でその存在を知った方が
多いのではないでしょうか。適当に説明すると酸素よりも圧力を高めることができる
亜酸化窒素をエンジンに送り込み一時的にエンジンのパワーをアップさせることができる
システムです。今ドヤ顔で説明しましたが俺もよく分からないので多分間違ってます。
とりあえず一時的にパワーアップするやつです。マリカーでいうキノコみたいなヤツです。
今回はこれをバイクにつけようと思います。もちろんフェイクですが。

どこにつけようか色々悩んだのですが最終的に適当にステーかクランプ買ってきて
適当にやればいいやということで、ホムセンに行ったら水筒の太さにピッタリなクランプ、
ではなく吊りバンドがあったので即購入。ちなみにタケノコの接続部の太さも本当に偶然
合うものがあったので買ってきました。

ということでテール下につけることにしました。早速取り付け。
DSC_0054
タンデムシートを外し穴をあけ、ボルトを通しバンドを固定させます。
真ん中に突き出てるボルトがそれです。

そして、完成。
DSC_0056
DSC_0068
DSC_0058
どうでしょう、タケノコが金色なのもあってそれっぽくなりましたね。

なんだか全体図を見ると浮いてますねw
DSC_0062

DSC_0069
スマホカメラなのでアレですが、実際に見ると反射して結構綺麗です。

-総評-
まぁ悪くはないという感じですね。C/P的にもそこまで悪いわけじゃないです。
実際部品代全部コミコミで2300円行かないくらいでした。私はamazonポイント
1000円分持ってたので実質1300円くらいで済みました。

ちなみに上で塗装の禿げたファンタメロンがありますが、当初はファンタメロンの
缶の形が凄くNOS缶ぽかったので青く塗ってNOS缶にしようとしたのですが、
印刷を剥がすために剥離剤を買おうとする→ない→紙ヤスリで塗装を剥がす→
実際やってみたらめんどくさい&削りすぎてヒビ割れ。
この時点で、この後にプラサフや塗料買うことを考えたら既に青く綺麗に塗られた
水筒でも買った方がいいのではないかと思い探してみるとキャプテンスタッグから
安くて綺麗な青い水筒があったので購入。正解でした。

パイピングに関してはこの際だから目立たせたかったのでメッキのパイプが欲しかったので
探してみるとハーネス用のコルゲートチューブを使用。これも正解でした。

一応参考にする人もいるかもしれないので各部品を記載しておきます。
水筒:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャプテンスタッグアルミボトル600 ブルー M-5416
フェイクパイピング:ポッシュ(POSH) コルゲートチューブ メッキタイプ 内径10mm 長さ1m 800371
吊りバンド:JAN 4962123774632(ホムセンにて購入) 170円
タケノコ:JAN 4582110441455(ホムセンにて購入) 360円
ボルト:JAN 2009346307000(ホムセンにて購入) 28円
ステッカー:ヤフオクで購入 確か送料込み430円くらい

本当はフェイク用のプレッシャーゲージをどっかから持って来ようと思ったのですが
装着もめんどくさそうだしいいのがなかったので今回は見送り。いいのが見つかったら
再挑戦するかもしれません。

さてまだ実際に走ってはいないのですが、バンドと水筒の太さの相性が絶妙で
ちょっとやそこらの振動では取れないとは思うのですが、まぁ運次第でしょう。
保険としてボンドや接着剤を使うのもいいかもしれません。
あとは本体とフェンダー/タイヤとのクリアランスですが、これはまだ分からないので
試走してダメそうならバンドを少々改良していくつもりです。
丁度近々タンデム走行をするのでタンデム状態でサスが稼働した際にどうなるかを実験
してみたいと思います。場合によってはサスのプリロードを変えようかと思う次第です。

DSC_0071
DSC_0064
フロントからだとチラッと見えるくらいですね。

ちなみにレバーを社外品に変更しました。使い心地はいいですがボルトがポロっと
取れたりしないか心配です。でもやっぱりカッコはいいですね。
DSC_0074
DSC_0073