前の記事に引き続き書いております、かたはばです。

私はこの夏2泊か3泊程度のキャンプを予定していました。
目的地は長野は車山高原、上高地そして静岡。車山と上高地は私が小学6年生のころに行って
その景色に感動してずっと忘れられなかったところです。
そして8月24日に出発を予定していたのですが、前の記事にも書いてあるように
山中湖に着いたことをツイッターで書いたところ、いつもお世話になっている旬さんから
「24日に元CBR乗りが北海道から本土へ上陸するから皆で集まるので来ませんか」という
お誘いを受けたので行ってきました。順序としては実家→山中湖→車山高原→上高地→静岡
というのを予定していたのですがそううまくは行きませんでした。

8/24
午前10時に道志にあるセブンイレブン集合ということだったので5時間近くかかる計算だった私は
朝5時前には家を出発しました。しかしやはりというか早朝は空いていた為かなりのハイペースで
進んでいた私は予定より早く着きそうだったので、途中宮ケ瀬に寄り道をすることにしました。
するとふれあいに着く寸前で黒いMC41とすれ違ったのでお互いにヤエーしました。
幸先よくMC41とすれ違ったなーと思いながらも、駐車スペースを探していると
すれ違ったはずのMC41が後ろをついてきてることに気づきました。
そして隣に止まったMC41をよく見るとどこか見覚えが。
そう、当日のオフMC41オフにも参加予定であり、ツイッターでもお世話になっているノワールさんでした。
DSC_1920
ノワールさんはツイッターでも紳士な方でしたが実際に会ってみてもとても紳士的な方でした。
そして特筆すべきがそのカスタマイズ。ノワールという名前からも分かる通り黒をベースに
各部分がカスタムされています。社外フェンダー、社外スクリーン、社外ハンドル、レバー、
ミラー、シングルシートカウル、ミシュラン、そしてウィンカーに至ってはノーマルで「んにょ」って出てる奴を
埋めてポジションの位置に移設されていました。ホイールに至っては純正の黒ではなく
ペイントされた黒なので私のとは違って艶がある綺麗な黒でした。
跨らせていただくとまるで全く別のバイクに乗っている感覚でした。というのもなんと
オーリンズのサスを入れているためか車高が数センチ低く、足つきがとてもよかったのです。
乗り心地もとてもマイルドで乗りやすい。
そしてハリケーンのセパハンを入れていたのですがそれも絶妙な設置具合で
物凄く心地よいポジションでした。私のノーマルよりも多少前傾になる感じだったのですが
むしろ楽に感じてしまいました。このカスタムは私の指標となりました。
とにかく完成度が高い。感動しました。

その後二人で集合場所であるセブンイレブンへ向かい、当日のメンバーも集まりました。

DSC_1921
この時点でMC41が7台、250RR、SC59、CB400SBがそれぞれ1台ずつ、
そして主役(?)であるセローが1台、計11台の大所帯となりました。
250RRの方を除いては皆MC41オーナーです。乗り換えた理由は様々で
話を聞いていて楽しかったですね。
そしてそこから山中湖へのヤエーツーを開始。
ヤエーの返答率は8割くらいとかなり高かったです。
途中道の駅どうしへと寄って軽く食事をとって雑談。ツーリングをしておいしいものを食べる
そんなたいそうなことではないのですがとても楽しいんですよね。

そんなこんなで山中湖へ到着。撮影会に入ります。
と、その時甲高いいい音をした銀色のスーパースポーツが・・・。
そう、レートンさんです。ちょうど山中湖に到着して写真を撮るかという
タイミングに来たので一同驚きでした(笑)
DSC_1939
DSC_1941

DSC_1942
DSC_1943
DSC_1944
(つい自分のバイクを中心に撮ってしまう笑)

こうして計12台、元・現CBRオーナーが一同に会しました。
ちなみに背景には富士山がデカデカとその巨体を置いているのですが
この時は雲に隠れてその姿を見せてくれませんでした。
撮影も行い雑談を1時間ほどして、私を除いた方々は三国峠へと向かわれました。

私も行きたかったです。とても行きたかったです撮影会行きたかったです。
なぜ私だけ行かなかったのかというと、ここから長野まで3時間ほどかかるんですね。
その時点で2時近く。なるべく明るいうちに着きたかったのでなくなく三国峠は諦め、
一人寂しく撮影会をしてから出発致しました。
DSC_1964
DSC_1965
富士山がちょっとだけ顔を覗かせてくれました。
そこからは割と退屈な3時間。20号をひたすらひらすら北上。天気が良ければ
割と楽しめたのですが曇りだったのでかなり退屈でした。
しかも目的地まで20kmくらいのところで雨が・・・。山の方に雲がかかっていてなんとなく
嫌な予感はしてたんですがかなり降ってきてしまいました。
そんなこんなで車山高原に到着。
DSC_1967
DSC_1968
晴れているときの車山高原は本当にどうしようもなく綺麗で、心がとても癒されるのですが
雨に打たれ曇りどころかかなり霧がかかっていてしかも寒くてもうどうしようもなく
テンションが低かった私は写真を撮ることすらしませんでした。
しかも問題なのがテント。正直雨の中テントを立てるのは辛い。
まぁ後々考えようと白樺湖畔にある温泉施設「すずらんの湯」へと向かいました。
やはり温泉は素晴らしい!色々とご褒美なこともありました。とても言えませんが。

そして午後9時にはしまってしまうのですずらんの湯を後にしてビーナスラインを北上します。
温泉施設へ向かう前にテントを設営する場所の候補を何か所か絞っていたのですが、
分かる方なら分かる、その道路を走行すると路面のグルービングによって音楽が聴こえるという
道の脇になぜか大きな屋根がある場所があったのでそこに設営を試みたのですが、
街灯があってテント設営してるのが目立つし、何よりも車が通るたびに聞こえるその音楽は
車外から聞けばただの不気味な叫び声にしか聞こえず耐えられず退散。
雨にも降られ続けもうテンションはだだ下がり。テント設営は諦め、その先のバス待合所で
野宿することにしました。
DSC_1980
心霊スポットや廃墟にはたくさん足を踏み入れているので暗いところには慣れているのですが
野宿というのは初めてだったので多少緊張しつつも、ツイッターで当日オフ参加した方々たちと
楽しく話しているうちに寝てしまいました。

しかしその安眠も40分ほどで破られます。待合所のベンチで寝ていたのですがすぐ隣から
ガサゴソという音が聞こえだしました。「ん?なんだ?」と思って寝返ってみると「何か」がいました。
そしてその「何か」はなにか袋を持って逃げていきました。
携帯で照らしてみると、なんと朝ごはんの為にコンビニで買ったおにぎりとパンとポテチの入った
袋を盗まれたことが判明しました。誤算でした。というかなんでその「何か」はここへ入ってきたのか。
そしてなんで食糧だけ持っていくことができたのか、どうやって食糧だと判別したのか。
そもそもその「何か」はなんの動物だったのか。考えればキリがありません。
多分キツネとかネコ(?)だったんだと思います。チラっと見えたときの影が
それほど大きくなかったので多分そのあたりの小動物だったんでしょう。
ひとつ言えることはクマやらの猛獣でなくてよかったということです。
小動物だとしてもなんの病気を持っているか分かりませんし襲われたらひとたまりもありません。
被害が食糧で済んだだけでもいいということにしようと納得させ、寝ました。

8/25
朝を迎えました。待合室から見る景色はたいへん綺麗でした(棒)。
DSC_1978
嘘です。テンションさがりまくりです。本当はこの日朝早くから上高地へと向かうはずだったのですが
調べてみると結局雨みたいだったので今回は上高地へは向かわず晴れている
静岡へ向かうことにしました。しかし寒いこと寒いこと。標高1600mだけど前行ったときは
夏でも確か20度以上はあったし大丈夫だろうと思っていた私がバカでした。カッパを着て寒い中出発です。

静岡までの道も苦痛でした。最初の方は寒いかと思えば静岡に近づくにつれ
暑くなるので、冬と夏を同時に経験したような感じでした。
しかも途中でサイスポの時のようにヒューズが飛び、途中のコンビニでヒューズを交換。
ですがこのヒューズ交換、地味にめんどくさいのです。普段だったらシート外すだけでいいのですが
この時はキャンプバッグ装着ですからね、重くてめんどくさいことめんどくさいこと。
しかも交換してさぁ行くか、と発進して10秒後また切れました。
もう「・・・」という感想しかありません。しかしこの時何が原因か分かりました。
もともとメーター、ポジション、ウィンカーをまとめてるヒューズが飛んだのですが、
すぐに飛んだ時もウィンカーをつけた時に飛んだのでこれはウィンカーの配線が怪しいな、
そう思いました。そう思いながらも走り続け、道の駅とみざわでウィンカーの配線を見てみると
やはり外れかかっていました。これのせいでショートしたんでしょう。配線関係を一通り点検して
再出発です。しかしその間の距離が計測されていないので多分15~30kmくらい
走行距離に誤差が生じてしまいました。走行距離改ざんですね笑

そして午後1時すぎ、海の匂いがすると思ったら港のすぐそば、1号線に出ていました。
そこから十分ほどで目的地である日本平パークセンターに到着。
日本平パークセンターというのは日本平パークウェイという峠道の頂にあるので
途中何台もバイクとすれ違いました。というか平日の昼間なのに往復している
バイクがたくさんいてびっくりしました。
DSC_1983
奥にいるSC57もガチ勢だったようで何往復もしていました笑
DSC_1984
パークウェイの途中から撮れた写真はこれしかなく、あまり写りもよくないのですが
本当はもっと圧巻の景色です。そしてこの撮影ポイント以外に海を臨めるところがあったのですが
何分エスケープゾーンがなかったので残念ながら撮影を諦めました。

その後せっかくなので海沿いに行ってみました。

DSC_1989
DSC_1992
DSC_1995
久々にこんなに海のそばまで来ました。
とても筆舌に尽くし難い、心地よい景色でした。
その後静岡駅近くのマックで休憩していました。安定のチキンクリスプ美味しい(^q^)

午後5時、ツイッターの知り合いのあるレイヤーさんと会うために静岡駅に行きました。
そしてその発展具合が俺の地元とは比べ物にならないくらいのものだったので
「初めて東京に来た田舎者」のようにそびえ立つビルや行き交う人を見渡していました。
結構な繁華街だっため多少道に迷うもなんとかそのレイヤーさんと会うことができました。
本当はコミケでお会いするはずだったのですが、都合がつかなかったためまさか
ツーリング先で会うことになるとは思いませんでした。その日はカラオケで朝5時まで
色々遊んでましたが、さすがにロンツーの後のオールはキツかったので1時間ほど寝てしまいました。
その後さすがに夏に風呂に入らないのは精神的にキツかったので満喫でシャワーを浴びて
静岡のアニメイトやらとらのあなやら繁華街を紹介してもらった後、午前11時静岡を出発しました。

実家まで8時間ほどかかるけど無事旅も終わるだろう、そう思っていました。
しかし出発して2時間ほどすると強烈な眠気が・・・。割とマジで居眠り運転してました。
本当に危なかったです。よくよく考えれば10時間近いロンツーからオール1時間程度の睡眠で
それからさらに長距離ツーリングですからね。眠くならないわけがありません。
ちょうどセブンイレブンがあったので駆け込んでコーヒーを飲んでリフレッシュ
しました。もう何事もなく帰れるだろう、またそう思っていました。

しかし厚木あたりで事件は起こります。いつものようにリアブレーキをかけようとするといきなり
「スコッ」
ペダルのテンションが消失しました。一瞬パニックになりながらもなんとかFブレーキをかけ
前方の車への衝突は避けられました。しかし物凄く恐ろしかったです。
ビクビクしながらも10kmほど走り続けるとつくし野にりんかんがあったためすぐにピットイン。
原因はバックステップのボルトの欠落でした。探してみるとちょうどピッタリなボルトがあったため、
すぐに購入して取り付けました。この時改めて整備点検の大事さを思い知らされました。

とりあえずはその後無事に地元までたどり着きました。最後の方は雨に降られ
物凄いイライラ感と寒気に苛まれながらの苦痛のツーリングでしたが無事帰還しました。

今回はロクに車山高原も上高地も満喫できなかった、というかキャンプできなかったので
後日リベンジします。9月の初旬を目安に行こうかと考えております。見かけたら嘲笑ってください。